植物のように団体の成長を感じられる年間報告書のデザイン

一般社団法人リヴオンの年間活動報告書(タブロイドサイズ)であるリヴオンしんぶんをデザインしました。テーマは毎年を楽しみにしてもらえるような報告書。年間報告書を作成する依頼を受けた際に様々な団体の報告書を見て思ったのは、定量的データが多く、無機質な感じがしてつまらないなぁというものでした。もちろん頑張ってる団体もあるし、そもそもココ以外に力を入れている場合もありますが。ただそれらと同じようなものを作っても意味はないと思い、どんな報告書なら嬉しいのかを要素を整理し書き出しました。

  • 皆が見返したくなるような歴史性が分かるもの
  • 支援者が団体のことを再確認に、もっと広めたくなるようなもの
  • 単なる年間報告書ではない、楽しくなるデザインや言葉選び
  • 毎年楽しみになるようなもの

そういう要素を組み合わせ、深掘りし、できあがったのがリヴオンしんぶんです。これは団体の成長を植物の種→芽→蕾→…といった具合に見立て、その流れに沿って団体の成長を語る報告書です。団体のはじめての発行ということで植物が芽生える前の種をテーマに報告書をデザインしました。

Client:一般社団法人リヴオン
Design:坂上彰啓
Print:株式会社イニュニック

コメントを残す